Introduce

商品紹介

自然のまま一番美味しいもの

採蜜は早朝しか行いません。

それは日が昇り外勤蜂たちが活動し始めると水分の多い花蜜が混ざる可能性があるためです。
早朝に採蜜を行うことにより水分の多いはちみつが混ざらずに採蜜できます。

また、みつばち達が一生をかけ採ってくるはちみつはスプーン一杯です。
その貴重なはちみつに水あめなど余計なものは一切加えません。

みつばち達の一生をかけた努力の結晶を私たちの都合で採蜜し品質を落としてはいけないと思っています。

加熱濃縮を一切しない

みつばち達が集めてきた花蜜は最初水分が多く糖度の低いものです。
それをみつばち達が巣箱内で羽などを使い水分を飛ばしはちみつに変えていき、糖度が約78度以上になるとはちみつの入った巣にみつばちが蓋をかけていきます。

これが一般的に言われている完熟はちみつです。
しかし、多く量を採る為に水分の多い状態で採蜜し、人工的に熱をかけ加熱濃縮しているはちみつもあります。

蜂の音は加熱濃縮することはみつばちや自然に対しての冒涜だと思っています。
できるだけそのままの状態でお届けすることが私たち養蜂家の使命であり、みつばちと自然への感謝であり、お客様が一番満足していただける最重要なポイントだと思っております。